仏事を順調に行うためにはお客様と葬儀社とのコミュニケーションもコミュニケーションも大切になりますので小さなことと思われることでも…。

葬儀と告別式とは別のもので仏教のお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)ならば最初に宗教者による読経など行い、そのあとに告別式、主にご家族ご親族が亡くなった人をお見送りする会が、開催されます。
元は亡くなった方に授与される称号ではなく、仏道修行を実行した、出家者に伝授したんですが、昨今では、変わる事が無い儀式などを、受けた普通の人にも、伝授されることになっています。
禅宗のお寺などにお詣りした経験のある方だったら聞き知ると考えますが、本堂に足を入れると、最奥部の菩薩を常置されている首座や住職((じゅうしょく)は、本来「住持職」と呼ばれている仏教の職名(宗教上の地位)を省略した呼称で、一寺院を管掌する僧侶のこと。本来は「寺主」や「維那」(いな)などと呼んでいたが、宋代に「住持(じゅうじ)」という呼称が禅宗で使用され、それが後に一般的となり、職も付与して「住持職」と呼ぶようになった)がお参りするための壇が造られています。
小さく気づかれないように葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を考えていたのにも関わらず高価な祭壇や華美な演出を奨励されるケースは、葬儀社の考え方が、向いていません。
ご先祖様に関する供養ということで親類たちでやる方が、一番いいですが、それぞれの事情で、する事が無理な時には、僧侶に電話をかけ、卒塔婆を立てるお参りのみを、委託する事もあります。

はじめて葬儀を執り行う人は恐怖が湧いてくると想像できますが葬儀式は一生涯で何回も敢行するものでもないから、往々の方は新人です。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)勉強会や終活セミナーや会場見学会などをやっているから、とにかくそういうのに伺ってみることをアドバイスしております。
今ではお寺は葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)や法要でお経を読む人という感じが強いですが、古来から僧侶とは釈迦の言葉や、仏教を原則的に伝わるように、伝達するのが役割なのです。
そういったように有力な方を失ってしまった世帯、については、周辺の、顔なじみが、金銭事情、救済、をする。
仏事を順調に行うためにはお客様と葬儀社とのコミュニケーションもコミュニケーションも大切になりますので小さなことと思われることでも、遠慮なくお聞きください。

亡き者の一室の美観大掃除、粗大ごみの掃滅といった遺品生理は、本来近親の方の進行することが通説でした。
哀悼コーナーにお邪魔した列席者の面々がご主人の○○さんはお酒好きで一杯飲んでいたなぁ、と申されていて、ご遺族は驚かれていました。
能動的に執筆した遺言ノートも実存を共通して認識がなければ価値がなくなるので、信用できる家族に言っておきましょう。
重要な人の危篤を看護婦から通知されたら、家族や親族や本人が会いたいと希望する人間に、いの一番にお知らせするのが一番です。
病床で死んだ場合霊安室からいち早く移動を要求される場合も多く、迎えるための車を依頼するメインです。

葬儀流れ 進め方