関わりのある僧侶が不明…。

喪家と呼ばれるのはご不幸のあったご家庭を意味する言葉で喪中の家を関東では『葬家』を使う事も多く喪家は関西各地を中心に、用いられる、傾向がみられると言えます。
斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)とは元々神道用語で典礼や儀式を行うところを指しましたが、最近では、変わって集中的に葬儀を施すことが可能な施設を指します。
この数年で墓石の製造技術の大きな進歩によりモデルの自由度が、激しく躍進し、オリジナルのお墓(お墓とは、当たり前の存在だと思っていたお墓に意味を見付け出そうとするのが、現代社会ではないでしょうか。先祖供養、家族の絆、信仰などお墓は様々な意味を持ちます。 古来より人類は、亡くなった方やご先祖様への感謝の気持ちを表しご供養してきました)を、個人で設計する事が、出来るようになったのです。
ひところは通夜は故人の近しい人たちが徹夜で死者の横で見取るというのが慣習でしたが、昨今は訪問者をお迎えして通夜を施工し、2時間程度で完了するのが大衆的です。
通常なら死亡した方に付与される称号ではなく、仏道修行を慣行した、出家者に渡されるものでしたが、この頃では、規則通りの儀式などを、体感した一般の人にも、渡されるようになっています。

関わりのある僧侶が不明、自らの家門の宗派が知らない方は、最初は実家や従妹に聞きましょう。
満中陰法要の際とは違い将来的に残る品で結構でしょうしその場所の仕来り等によっても、違いがあるもので、仏具店などでご相談されるのも仏具店などでご相談されるのも、いいでしょう。
大抵の参加者はご家族の後方に席をとり到着された方から順番にご家族の背後に着席して、いただけると、自然に誘導できます。
まだまだ若いころに父を亡失したので祭事は専門外なので、はたまな問い合わせる知り合いもいないため、十七回忌といっても何を行うのが良いのか不明だと思います。
被葬者の気持ちを尊重し親族のみで葬儀を済ませたところ葬儀式に参列することが無理だった人が、手を合わせに頻繁に自宅へ、訪れてくれます。

葬儀式は数多返り行うわけではないので、把握している葬儀社がが少なくて病院で案内された葬儀社に頼む事が多々あります。
小さく気づかれないように葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を考えているのに高価な祭壇や高価な飾りを推奨される場合は、葬儀社の方針が、合わないことになります。
近頃では斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言っていますが事実祭祀儀礼を執り行う場所および、祭祀儀礼を実行する施設全般を示す呼び方であり、通夜・葬儀告別式を行う会場で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言っています。
通夜は過去は身内や親族が徹夜で故人にお供するものだったが、今日では暮夜に終わる半通夜が通常です。
今まで通夜に喪家のお礼はなかったですが、j今日日は通夜に参列者が多くなり、謝辞を言う人も増加しました。

葬儀流れ 進め方